スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gilles de Rais


 少年とはよいものだ。
 無垢で、儚く、従順だ。

 そのしなやかな身体を快楽に溺れさせ、その美しい顔を
 恐怖と苦痛に歪めるところなどはことに見栄えがする。
 今や私が生きていると感じられる唯一つの瞬間
 いや、これこそがこの世界で私がなさねばならぬ
 ことなのだ。

 毎夜毎夜、こうして清らかで新鮮な少年を捧げている。
 あの方を救うために。

 どんなに祈ろうとも、尊きあの方が帰らぬのなら
 私はこの魂を悪魔に売り渡すまで。

 神も、王も、財産も、私にはもう何も必要ない。
 ただあの方さえいてくれたら、それだけで。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  • counter

  • Owner

    name:瀬尾

    美しい少年に魅せられた耽美主義者。 リンク・ブックマークなどは本家サイトにお願いします。

    サイト内の画像・文章は無断転載禁止です。
    お持ち帰り/転載をご希望の場合は、サイトのメールフォームよりご相談ください。
    All contents on this site are All rights reserved.
    If you want to reprint these photos to other site,please contact me.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。